« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

霊性開花コース受講中

バリから帰国して、何か変化する予感をしていましたがやっぱり沢山の変化がありました。ふと感じること、こうなってしまうのではないかと他人を見ていると本当にそうなってしまうので自分でもビックリしてしまいます。 でも他人のことはこうなるから気をつけなさいなんて行き成り言ったらビックリするだろうし大きなお世話ですよね! 聞かれれば答えられる範囲で答えますけど、スピリチアルな世界を興味本意だけで聞く人も多くて最近話すことをその人によって気をつけるようにしてます。

そして、大きい変化が私がずっとミディアムに興味を持ち江原啓之さんのようになれたらと思っていた事が繋がり江原さんも勉強していた英国スピリチアル協会とたどりつきました。そこを元に霊性開花コースをやっている金城さんという江原さんもお勧めの素敵なヒーラーから学ぶチャンスがやってきて、昨日から通いはじめました。

これも実は1週間前に金城さんの存在を久々に会った友人に聞き、絶対に行きたいと思い天使や亡き父に祈り願い叶ってしまったのです。 この時はとても感動的な瞬間で、その願いが叶うとき不自然な場所からアゲハチョウがやってきて知らせてくれました。    

このクラスの内容はお話しできませんが、自分の霊性がすでにだいぶ開いてることがわかりました。マントラを沢山唱えて、実習もするのですが本当に楽しいクラスです。

少し前にクライアント様にサンスクリット語のマントラの話を聞き興味深かったのですがここで発音の勉強からすることになりまたもや繋がりを感じています。

感動が多いこの世界をもっともっと追求し学び社会貢献、自分へのさらなる成長をしたいと思ってます。

天使が守ってくれた。

一昨日、母と兄が父方の実家に10年ぶりのお墓参りに行った時のことでした。

母が去年くらいから、父の実家のお墓参りに行きたいと行っていました。静岡の袋井市の方ですがなかなか3人で気軽に行けない。 今年7月にやっと家族3人でレンタカーで行くことに決めました。でも当日は大雨で久々に車を運転する兄はちょっと自信がないので延期となり次に決めた日も雨。 兄はやっぱり無理といい、バリから帰国すると次の日が決まっていた。 もう仕事のシフトも出していて変更できず今回は母と兄で新幹線で行くことになり見送りました。

当日、私が仕事中母から電話が入り嫌な予感・・・・・ 袋井に着いたら叔父さんが迎えに来ていないと。 電話をしても家に誰もいなくてもう時間もあまりないのでお寺を探すことにしました。お寺の名前もわからないのに。 叔父さんがすべて知っているので母は住所すら持っていない。沢山あるお店の中で兄が蕎麦屋に入り、こういうお寺近くに無いかと込み合う蕎麦屋の方に聞いたところ、それを聞いていたお客さんが話しかけてきたそうです。母は父の実家の名前を話していたら、知ってるというのです。多分このお寺だろうと、その優しいご夫婦がお寺まで送ってくれたそうです。  でも残念なことにそのお寺ではなく、困った。   母はずっと天使に祈り続け、私も遠隔で祈り続けました。

そのご夫婦が他のお寺の地図を書いてくれて、兄と母は地図を見て少し歩くと本家の近くに出たらしい。 本家には今誰も住んでいないと聞いていたのですが、10年ぶりの変わってしまった風景を進み本家まで言ってみたそうです。そうすると車が2台並んでいていて入ってみると迎えに来るはずの叔父さんたちが居たのです!!!!               母は叔母さんに電話で「11時に品川を出る」と話していて、勘違いしていたよう。

田舎の人なので、悪気も無く「あ~そなね~」と11時に来ると思い本家で待っていたそうだ。2回もキャンセルして、母も1週間前にしか電話を入れていなく落ち度もあったのですが奇跡的にお墓参りをすることができた。 

帰宅した母は興奮ぎみで、「天使が守ってくれたよ」と話してくれました。

バリ島でも毎日エンジェルと一緒でした。

バリ島3週間滞在から帰国して早1週間が経ちました。

帰国して4日間くらい頭痛がしていました。仕事に支障は無いのだけどボ~とする感じです。 毎回帰国すると、日本のスピードに慣れるまで目がぐるぐる回るのですが、今回はその時間が長かったです。 多分かなりゆっくりできて毎日ヨガ、ボディーボードと理想的な生活をしていたからでしょう。

帰国してすぐ仕事に行った時、タイムマシーンに乗ってて帰って来た様な感じでした。 オフィスの皆は何も変わらず仕事をしていて、相変わらずいつも怒ってるこはぷりぷりしていたり、なんとなく過ごす毎日なんだろうと・・・・・・

自分はこの3週間、大好きな海に入りヨガをしたり、好きな仕事をしたり時間は誰にも束縛されず自分で決めて過ごす事ができていた。 ストレスが無い。 自然がいつも側に居るからエネルギーを沢山充電している。 神様も天使もいつも一緒です。 天使は毎日呼んでいて、蝶になって毎日私のところに現れていました。 白い蝶、黄色い蝶、ゴールドの蝶、綺麗なグリーンのアゲハ蝶などなど。 私が頭の中で天使を呼んだとたんに目の前に現れるのです。 時には思いっきり私の方に飛び込んできたり、解りやすく側に来てくれる可愛い天使の存在達は、いつも私を守り優しく包んでくれていました。

何もトラブルは無く全て順調に事が運んでいっていたのも、天使のおかげだと思います。バリでパソコンに向かう時間がもったいなかったけど、その瞬間感じたことはやはりその時書いておく方がいい。 細かいことがなかなか思い出せない。 あんなに毎日、天使といろいろ話していたのに。

しかし、なんといっても天使が側に居るとわかる安心感は愛されてる自分を実感できて、他人にも愛を与えたい気持ちになります。 日々の生活、寂しい気持ち、悲しい気持ちはなるべく無い方がいい。

呼べば必ず近くにやって来ます。 また写真と一緒にバリ滞在の物語を少しずつ書いていきますね。

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ